| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
たな障害
さいたま市浦和の整体【からだ回復センター浦和】代表の下條進(げじょうすすむ)です

人気ブログランキングへ応援お願いします

22歳女性。職業:介護師。

昨年12月から、右膝が突然痛み出し、
屈伸や正座が出来なくなりました。

直ぐに、整形外科での治療を始めましたが、
改善は見られませんでした・・・。

3月に入り、大きな病院でMRIなど色々な検査をしましたが
「骨には異常なし」との診断。

「たな障害」の疑いがあるが、
内視鏡を入れてみないと分からないと言われたそうです。

「嫁入り前の女の子だし、体に傷をつけるのは可哀そう」
と思われたお父様が、インターネットで全国の治療院を調べた結果、
当院のホームページに辿り着いたそうです。

山梨県韮崎市から4時間かけて、
ご家族3名で一緒にご来院されました。

全身の歪みを5分程で調整した後、
痛みの確認を行いました。

少し改善はしましたが、痛みはまだ残っていました。

ということは、膝自体に何らかの問題が残っているということになります。

そこで、膝の関節のズレと周辺の筋肉を緩める手法をかけました。
トータル15分ほど。

すると、たった一度の施術で全ての痛みがなくなりました。

その場で、屈伸や正座も昔のようにできるようになりました。

「えーっ魔法みたい・・・」と付き添いのお母様も
とてもビックリされていました。

我々が一番うれしい瞬間です^^

身体に傷をつけることなく痛みが取れて、
本当に良かったですね!


しかし、この施術法をきちんと行えるのは、
全国にまだ120店舗ほどしかありません・・・。

今後は、全国の市町村に「からだ回復センター」を増やし、
痛みや辛い症状で苦しむ方をもっともっと改善していきたいと思います。

皆さん、応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ←クリックお願いします♪
スポンサーサイト

たな障害TB(0) | CM(0) | top↑
たな障害
さいたま市浦和の整体【からだ回復センター浦和】代表の下條進(げじょうすすむ)です

人気ブログランキングへ応援お願いします

サッカーをしている10歳の男の子がお母さんと一緒に来院されました。

左ヒザの痛みが強く、深く曲げることができません。
病院の診察を受けたところ、「たな障害」と診断されました。

膝関節は、関節包でおおわれています。この関節包は3つの膜でできていて、
いちばん内側の膜を滑膜といいますが、この滑膜の一部がひだ状になっているのを「たな」と呼びます。
この「ひだ」が、スポーツのやりすぎや、膝を強打したときに、関節にはさまってしまうことを「たな障害」、
または「ひだ障害」といいます。

診断は出たものの、特に治療はしてもらえず、サッカーを休んで様子を見ながら、
「痛みがこのまま続けば注射治療をして、それでも治らなければ手術をします。」
と言われたそうです・・・。

病院では、治らないと判断され、色々調べた結果、当院での施術を選ばれたようです。

当院の「リセット療法」で全身の歪みを数分で整え、屈伸の検査をしましたが、
痛みに変化はありませんでした。(これによって体の歪みが痛みの原因ではないことが分かりました)

そこで、膝を深く曲げた時の「膝と足首のズレ」を正しい位置に戻したところ、
痛みが10→0になりました。

これには本人もお母さんも大変驚かれた様子でした!
治ってよかったですね。
これで、大好きなサッカーも思い切りできます
私も嬉しいです。

このように「リセット療法」は体の歪み以外からくる症状も取り除くことができます

どこへ行っても良くならない方も、ぜひ一度当院へご連絡ください。


地域NO.1整体院!!からだ回復センター浦和

たな障害TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |
Flashカレンダー
プロフィール

回復センター浦和

Author:回復センター浦和
FC2ブログへようこそ!

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。